スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルナールの恋とビジネス

ルナールみたいに逃げ出して、
1年くらい後かな。

恋をした。

年下の男の子でね。
なんだかナッちゃんを思い出させる男の子だった。
聡明で前向きで。

その子も私のこと気に入ってくれてたみたいだった。
でも結局上手くは行かなかったんだけどね。

破局 ってのを迎えて半年後、
彼からメールが来た。

「元気?僕には最近彼女ができた。
 毎日充実してる。
 ビジネスを始めたんだ。
 みほちゃんとも一緒にやりたい。」

なんだか切なかったよ。
多分、まだ好きだったんだね。
私のほうは。
そう感じるってことはさ。

ともかくさ、ああこれはきっとネットワークビジネスだぞって思った。
それが悪いとかじゃなくてね。
で、「会社名を教えて。」
って聞いたら、やっぱり聞いたことのある名前だった。
でも、
「ネットワークビジネスね?」
て聞くとはぐらかすんだ。
「もう!!」
って感じ。

とりあえず、
「考えとく。」って返事して。
改めてそのネットワークビジネスについて勉強してみたんだ。
1人で、図書館に行ってね。
彼を尊敬していたからね。
あの子が「いい」って言うんなら、いいに違いないって。
それにナッちゃんのことも気になっていたから。


色々なネットワークビジネスについての本がある。

まずね「私は○○ウェイに騙された!」的なタイトルの本は避けた。
だって、書いた人には悪いけど、
タイトルからしてヒステリックで嫌な感じだもの。
そういう文章を読むと頭が痛くなるんだ。

ネットワークビジネス入門的な本
実践方法についての本
ネットワークビジネスの適性診断の本

タイトルは忘れたけど3冊選んだ。

読んで良かったよ。
色々なことが分かった。


まずはじめに言わないといけないのは、マルチ商法とは違うってこと。
違いはちゃんとした品質の実物の商品を扱っているってこと。
適法のれっきとしたマーケティングスタイル。

それはナッちゃんと会ったときから知っていたんだけどね。
誤解しているひとも沢山いると思うから、書いておかないといけないと思って。

ま、システムとしてはね、私は似てると思うけど。

自分の子分やそのまた子分が売り上げをあげれば、その一部が自分の売上になる。
子分の数が多く、かつ子分の売り上げが多ければ、自分の収入が増える。

って点ではね。

で、これはあくまで私の考え。
じゃあ結局、商品を売るよりシステムを広げることにフォーカスしたほうが、自分は儲かるよね。
物を売るのは末端の末端に任せてさ。
そこのところは、このビジネスに携わっている人にしか分からない謎。


本を読んで、ナッちゃんと会っていたときのこと、少し分かった。

ネットワークビジネスはね、チームプレイが大切なんだ。
特に初心者はね。
いきなりさ、「ネットワークビジネスって素晴らしいですよ。」って言われてさ、
誰も信用しないでしょ。
しかも現在実績のない人間にさ。
だから人と人をマッチングする。
例えば若い女性には年代の近い女性の成功者を会わせる。

ナッちゃんは「先輩」を私にマッチングしていたんだね。

会わせるべきひとは、人によって違う。
基本的にスタートラインが似た境遇の成功者がいい。
主婦なら主婦。
中年男性なら中年男性。

だから人脈作りが大切。

チーム戦であることは、共通の認識だから、皆助け合う。



後日、好きだった男の子がセミナーに誘ってくれた。
行っても良かったんだけど、断った。


「自分で色々勉強して、今の私には無理と思った。」って言って。
それも偽らざる本音。

でもね、多少なりとも好きな気持ちが残っていたからさ、
会ったらものすごく苦しいだろうっていうのもあってね。

本気で彼はビジネスに取り組んでたはずだからさ、
そんな理由もあったって知ったら、
呆れると思うよ。

ま、今は自分でも苦笑しちゃうけどね。

お金って大切だよね。

だからそのビジネスについては、そのあともずーと考えてた。
答えはまだ出ないよ。

でも、また別の方向の本に出会った。

本は私の先生なんだ。

色んなことを教えてくれる。
それで私を縛らないのがいい。
諸刃の剣とも言えるけどさ。


今日も長い話になっちゃった。
読んでくれてありがとう。
今日は寒い日でした。
あなたも暖かくして寝てね。
お休みなさい。








スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

 みほ

Author: みほ
生きる日のよろこび、悲しみ。
一日一日が新しい彩りをもって
息づいている。
(By岡本太郎)

本と植物のお話が中心です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。