スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒猫のはなし

こんにちは。
毎日毎日暑いよね。
私は暑さには強いけど。
あなたは夏型?冬型?

今日はね、ほんっとーにどうでもいい話。
近所の野良猫たちのお話です。


会社の行きと帰り、家の近所の空き地をチェックする。
猫たちを観察するためだ。
自称ご近所ワイルドアニマル観察機構。
猫の行動範囲は狭いらしく、
なじみの猫が出来て面白い。

キュビズムの肖像画のように、顔の真ん中に一筋の黒い縦縞を持つ三毛猫ピカソ。
今年の春生まれた、その子供、ベビーピカソ達。
いつも姿勢を低くして歩く茶虎はイエローサブマリンのサブ。
病気なのか片目を閉じている小さな黒猫は勘助。
勘助はいつでも小さくて腹ペコのペッタンコ。
勘助にだけはたまにご飯をあげる。
一匹だけでいるとき こっそり。
だって何匹もいたら遠慮して、遠くから見ているんだもん。

最近この区画に体格のいい黒猫が現れた。
目の前をぬっと横切る。
お!勘助!?と思うけれども、違う。大きい。
黒先生と命名する。

昨晩のこと、
遠くから黒先生と勘助が一緒にいるのが見えた。
自転車で近づいていく。
黒先生と目が合う。
こっちに来そうなそぶりだったので、少し通り過ぎたあと、自転車を止めてみた。
「ナオォーン、ナオォーン」とついてきた!
今までにないこと!猫が寄ってくるなんて。
自転車にスリスリしてくる。
ねぇ、ちょっと、危ないよ…。
そしてあのチビの勘助まで、黒先生を見習ってついてきた!
蚊の鳴くような声で「ナォ」
初めて近くで具合の悪い右目を見た。
手を差し伸べると、びくっとする。
きっと昔すごく怖いことがあったんだ。


懐いてくる猫は可愛い。
可愛いけれど、たぶん、この子たちはこういう会話をしていると思うんです。


黒先生 「人間たちの中にはな、おれたち猫のこと好きなのがいてな、
     適当に愛想をふりまくだけで、メシくれるんだぜー!」
勘助  「…そなの?」
黒先生 「おうよ!今日からお前は俺の弟子になれ。お前は向いてるぜ~!
     面構えがいいからな。チビでやせっぽちで、おまけに片目が悪いってなったらな、
     人間、お前のことほっておけなくなるぜ。」
勘助  「う、うん…」

〈熱い視線を投げかけながら、通りすがる私〉

黒先生 「あいつなんかいいカモだぜ!ほら!見てな!」
 
〈黒先生、私の自転車に追いついて、媚を売る。〉

黒先生 「ナオォーン、ナオォーン」(やいやい!メシを出せー!)
黒先生 「ナオォーン」
    (いいか、チビ、こんが具合だ。プリティにな!ほら!お前も付いて来い!)
勘助  「は!はいっ!先生!」

〈勘介も駆け出す。〉

〈私 感無量で黒先生を撫でている。
 近づいてきた勘助に気付く。
 勘助を驚かさないよう、囁くような声で〉

私   「かんすけ」

〈勘助、はっとして目を見開く。〉
〈私、勘助の目を覗きこむ。〉

勘助 心の声 
     この声、この匂い…。ボクがこの縄張りに来たばっかりのころ、
     お腹が空いて死にそうで、1人でいるときに限ってそっとご飯をくれた…。

私 心の声
     勘助、私が分かる?まー分かんないよね~。私、一番お前が好きよ。

〈私、勘助に手を伸ばす。〉
〈勘助、驚いて 逃げる。〉
 
勘助  「ヒャァッ!怖い!やっぱ無理!」
私   「やっぱ無理か~。」

 〈私 立ちあがり自転車に乗る。〉
 〈2匹の猫 私を見上げる。〉

私   「じゃあね」

 〈私 彼らにそっと手を振る。〉
 〈2匹 手の振りに合わせて頭を左右に振ってしまう。〉


 〈2匹 私の後ろ姿を見送りながら。〉
黒先生 「行っちまったな…。」
勘助  「うん…。」
黒先生 「ま!気にするなって!こういうアピールの積み重ねが大事だからな!」
勘助  「…」

勘助 心の声 
     あの人のくれたご飯、美味しかったなぁ…。
     柔らかくて小さな白いお肉にカツオのフワフワがチビッと載っててさ…。
     またご飯くれないかな…。

黒先生 「おいチビ!何ボケっとしてやがる!次の客が来たぜー!
    今度こそうまい飯せしめてやるんだからなー!
    ホイッ!ついて来い!!」


なんてね。
今日も読んでくれてありがとう。
本当に、本当にどうでもいい話でごめんなさい。
モットーは「日常にメルヘンを!」なんだ。

じゃあ、またね。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

 みほ

Author: みほ
生きる日のよろこび、悲しみ。
一日一日が新しい彩りをもって
息づいている。
(By岡本太郎)

本と植物のお話が中心です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。