スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真贋からややこしい人間性の話

こんばんは。
今年も蝉の大合唱が始まったね。
どうしてる?

最近読んだのは吉本隆明氏の「真贋」。
本を読むことは、一般に人生を豊かにするって認識だ。
もちろん良いこと=利はあるだろう。
けれど同時に毒がある。
ってゆうようなことが序盤に書いてあった。

「文学の毒。」
すごく分かるな!
賢くなったり、豊かになったりした気分になる。
けれど、むしろややこしい思考回路が形成されて、
迷宮に入ったような気分になるもの。

今日のこれからの話、「文学の毒」の話とは少しずれるんだけど、
まあ、私のややこしい人間性の話。

「趣味は何?」と聞かれる。
「読書。」と答える。
答えとして平凡すぎるから嫌なんだけどさ、
本当に好きだからしょうがないよね。
それでね、「どういう本が好き?」
って聞かれると困っちゃうんだ。

「不思議の国のアリス」のクライマックスみたい。
頭の中で、お気に入りの本の表紙たちが一斉に宙を舞い始める。
「さあ、どれにするんだい?」
どれも、ひとつひとつ、素晴らしくて、懐かしくて、思い出すだけでお腹がいっぱい。
それで、一瞬フリーズしてしまう。

「『いい天気ですね。』
と、挨拶がてらに声をかけられたら、
適当に答えればいいだけ。
「本当に!」とか
「気持ちがいいですね」とか。

「趣味は何?」もそれと同じ。
半分挨拶みたい質問だから、
いちいち真面目に考える必要、あまりないよね。
実際、「だいたい小説。それ以外も色々。何でも読むよ。」
って、答えることにしてるんだ。
でもね、やっぱり毎回、複雑な心境になるんだよね。


好きだから、話したい。
なのに、気持ちや記憶が溢れすぎて、言葉にできない。

好きだから、話したくない。
興味が無いだろう人に、上の空で聞かれたくない。

愛した本は、私の一部。
簡単に他人に分かられたくない。

それとね、我ながら悲しいけれど、
評価を恐れる気持ちがストッパーになってるみたい。

ほら、ややこしいでしょ。
自分でもため息が出ちゃう。
「どうしてこんな風に育っちゃったかな~。」ってね。

まあね、どうにか、ちゃんと日常をこなしてるわけだから、
いいと思うんだ。
無理せず、少しずつね、生きやすくしていけばそれでいいかなって。


今ね、ヴァージニア・ウルフのこと、思い出してる。
あの聡明で繊細で皮肉屋で気難しがり屋の美しい人。
すごく惹かれるんだ。
ああなりたい訳じゃないけど。
「ダロウェイ夫人」、もう一度読んでみようかな。

今日も読んでくれてありがとう。
あなたは自分のややこしい気持ちを持て余すことってない?

じゃあ、またね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

 みほ

Author: みほ
生きる日のよろこび、悲しみ。
一日一日が新しい彩りをもって
息づいている。
(By岡本太郎)

本と植物のお話が中心です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。