スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オノマトペ

やあ!
今日はどうしてた。

こちらは、相変わらず頭がうっすら痛いです。

目も痛い感じがするので、テレビも携帯も本も受け付けない。
なんて言いつつ、パソコンの前に座るんだから、快方に向かっているみたいです。

今日はどうでもいい話。

オノマトペを英語で説明するって面白い。

プカプカはfloating comfortably especially in or on the water
フワフワはfloating comfortably in the air

ベタベタはsticky and slight oily touch and it uncomfortable
ギトギトは oily and sticky and having glittering look

かなぁ、なんて。

面白い、とか言いながら、たった4例で飽きちゃったけど。

こちら、谷川俊太郎さんの「みみをすます」。
静かな迫力がある詩です。
みみをすます

平和だったりもします。
怖かったりもします。
ネットで検索したら、簡単に本文は出てくるけど、
ぜひ実際の本を手にとって長新太さんの挿絵とともにご覧になってください。
あれ?宣伝っぽくなっちゃった(笑)

前半はオノマトペだらけです。
英訳が付いています。
(※少なくとも、画像のバージョンの本には。)
けっこう違うオノマトペに同じ英単語があてがわれてて面白い。
英語版の翻訳の方は、大変だっただろうな。
日本人同士だと、オリジナルで作ったオノマトペも、
なんとなく雰囲気が理解しあえるものね。

そのうちオノマトペをもっと突き詰めて考えたいな。
でも、今日はこの辺でおしまい。

今日も読んでくれてありがとう。
またね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

 みほ

Author: みほ
生きる日のよろこび、悲しみ。
一日一日が新しい彩りをもって
息づいている。
(By岡本太郎)

本と植物のお話が中心です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。